ホクサンの製品情報

MENU
検索
殺菌剤 農業用

コサイド3000

コサイド3000

登録番号

22533

毒性

-

消防法

-

有効年限

5年

成分

水酸化第二銅…46.1%
(銅…30.0%)

性状

暗青緑色水和性微粒及び粗粉

包装

1kg×10

M01
SDS

特長

新しい製剤技術で、有効成分をさらに微粒子化することで、少ない銅含量でこれまでと変わらない防除効果を発揮します。

極めて細かい微粒子の有効成分が作物表面をムラなく均一にカバーして、残効性を与えるとともに、銅のイオン化を促します。

幅広い病害に銅イオンが予防効果を発揮します。かび由来の病害だけでなく、細菌性(バクテリア)病害にも防除効果があります。

有機JAS規格に適合する銅の水和剤で、扱いやすい顆粒状製剤になっています。

適用と使用方法

2021年9月現在

作物名

適用病害虫名

希釈倍数

使用液量

使用時期

本剤の使用回数

使用方法

銅を含む農薬の総使用回数

びわ(葉)
びわ

がんしゅ病

1,000倍

200~700ℓ/10a

散布

かんきつ

かいよう病

発芽前

2,000倍

生育期

黒点病
褐色腐敗病

ぶどう

べと病
さび病

おうとう

褐色せん孔病

収穫後

もも
ネクタリン

せん孔細菌病

収穫後から落葉まで

1,000倍

開花前まで

りんご

斑点落葉病
すす点病
すす斑病
輪紋病
褐斑病

2,000倍

うめ

かいよう病

硬核期まで

キウイフルーツ

花腐細菌病

休眠期~叢生期
(新梢長約10cm)

かいよう病

収穫後~果実肥大期

パパイヤ

軟腐病

1,000倍

いちじく

疫病

野菜類

軟腐病
黒腐病
斑点細菌病
褐斑細菌病

2,000倍

100~300ℓ/10a

アスパラガス

茎枯病
斑点病
褐斑病

にんにく

春腐病

やまのいも

葉渋病

しょくようほおずき

斑点細菌病

くわい

ひぶくれ病

かぼちゃ

果実斑点細菌病

ホップ

べと病

200~700ℓ/10a

だいこん

白さび病

1,000倍

100~300ℓ/10a

ブロッコリー

花蕾腐敗病

トマト
ミニトマト

疫病

ばれいしょ

疫病
軟腐病

そうか病

100倍

植付前

種いも
瞬間浸漬

こんにゃく

葉枯病

1,000倍

100~300ℓ/10a

散布

にんじん

黒葉枯病

500~1,000倍

ほうれんそう

べと病
白斑病

1,000倍

いちご

炭疽病
角斑細菌病

あずき

褐斑細菌病

いんげんまめ

かさ枯病

だいず

斑点細菌病

たまねぎ

りん片腐敗病

軟腐病

1,000~2,000倍

てんさい

褐斑病

1,000倍

赤焼病
もち病
炭疽病
網もち病
褐色円星病
新梢枯死症
(輪斑病菌による)

200~400ℓ/10a

摘採14日前まで

ラベルをよく読み、ラベルの記載以外には使用しないで下さい。

注意事項

かんきつに使用する場合は次の事項に注意すること。
①薬害が発生するおそれがあるので、炭酸カルシウム水和剤を加用すること。特に、果実の着生時期の散布ではスターメラノーズを生じるおそれがあるので厳守すること。
②寒害などによる葉の落葉を本剤が助長することがあるので、樹勢の弱い木への散布や異常低温の予想される場合の散布は避けること。なお、散布はなるべく温暖な日を選んで行い、散布液が夕方までには乾くようにすること。

ぶどうに使用する場合、次の事項に十分注意すること。
①薬害を生じるおそれがあるので必ず炭酸カルシウム水和剤を加用すること。
②後期(果実肥大期以降)の散布は果房の汚れを生じるので、有袋栽培では袋がけ前の散布は避けること。また、無袋栽培ではこの時期以降収穫まで使用しないこと。

おうとう、いちじくに使用する場合、薬害を生じるおそれがあるので、必ず炭酸カルシウム水和剤を加用すること。

もも、ネクタリンに使用する場合、収穫後から落葉までは2000倍で散布し、開花前には1000倍で散布すること。なお、収穫後の散布では薬害を生じるおそれがあるので、必ず炭酸カルシウム水和剤を加用すること。

キウイフルーツに使用する場合、薬害を生じるおそれがあるので、次の事項に十分注意すること。
①発芽期以降は炭酸カルシウム水和剤を加用すること。果実に汚れを生じるおそれがあるので留意すること。
②過度の連用を避けること。
③品種によっては薬害を生じることがあるので、事前に確認する等、注意して使用すること。

りんごに使用する場合、薬害を生じるおそれがあるので必ず炭酸カルシウム水和剤を加用すること。また、本剤の散布により、サビ果が多くなるおそれがあるので落花直後から落花後30日頃までは使用しないこと。

いんげんまめに使用する場合、幼苗期及び高温時の散布は薬害を生じるおそれがあるので避けること。

きゅうり、はくさい、キャベツおよびだいこんに対しては薬害を生じやすいので、次の事項に十分注意すること。
①高温時は症状が強くなるため散布は避けること。
②はくさい、キャベツおよびだいこんに使用する場合は、薬害軽減のために炭酸カルシウム水和剤を加用する。収穫間際には汚れを生じるので留意すること。

カリフラワー、にんにくおよびくわいに使用する場合は薬害を生じるおそれがあるので、炭酸カルシウム水和剤を加用すること。また、くわいに使用する場合、高温時の散布は薬害を生じるおそれがあるので避けること。

ばれいしょの種いも浸漬は無萌芽種いもを対象とすること。萌芽種いもには薬害を生じるので使用しないこと。

ほうれんそうに使用する場合、葉の汚れを生じるので収穫間際の散布は避けること。また、雨よけ栽培の場合も収穫までの期間を十分取ること。

ほうれんそうに使用する場合、薬害を生じるおそれがあるので、次の事項に十分注意すること。
①高温時は症状が強くなるため散布は避けること。
②連用により葉の周辺が黄化するおそれがあるので、過度の連用を避けること。
③品種によっては薬害を生じることがあるので、事前に確認する等、注意して使用すること。

うめに使用する場合、薬害を生じるおそれがあるので、次の事項に十分注意すること。
①発芽期以降は必ず炭酸カルシウム水和剤を加用すること。果実に汚れを生じるおそれがあるので留意すること。
②過度の連用をさけること。

蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにすること。

木酢液等は混ぜないこと。

くわいに使用する場合、散布後7日間は落水、かけ流しをしないこと。

本剤の使用にあたっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。

適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分に確認してから使用すること。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。

安全使用上の注意

誤飲、誤食などのないよう注意すること。

本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意すること。
眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けること。

散布の際は農薬用マスクなどを着用すること。
種いも浸漬の際は、不浸透性手袋などを着用すること。
作業後はうがいをするとともに洗眼すること。

魚毒性

水産動植物(魚類)に強い影響を及ぼす恐れがあるので、河川、湖沼及び海域等に飛散、流入しないよう注意して使用すること。養殖池周辺での使用は避けること。

水産動植物(甲殻類、藻類)に影響を及ぼす恐れがあるので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用すること。

使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきること。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないこと。また、空袋は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理すること。

ご購入については、お近くのJAや農薬販売店などにお問い合わせください。