ホクサンの製品情報

MENU
検索
殺虫殺菌剤 農業用

サンクリスタル乳剤

登録番号

20316

毒性

消防法

第4石油類

有効年限

4年

成分

脂肪酸グリセリド…90%

性状

淡黄色澄明可乳化油状液体

包装

1ℓ×12

SDS

特長

野菜のうどんこ病、ハダニ類、コナジラミ類、アブラムシ類を防除します。

薬剤耐性のうどんこ病菌、薬剤抵抗性のハダニ類やアブラムシにも有効です。

有効成分は食用油脂で、収穫前日まで使用でき、減農薬栽培やYES!cleanで使用しても、化学薬剤としてカウントされません。

ミツバチに対する安全性が高く、天敵の活動にも影響が少ない資材です。

適用と使用方法

2021年9月現在

作物名

適用病害虫名

希釈倍数

使用液量

使用時期

本剤の使用回数

使用方法

脂肪酸グリセリドを含む農薬の総使用回数

りんご
ぶどう
いちじく

ハダニ類

600倍

200〜700ℓ/10a

収穫前日まで

散布

かんきつ

ミカンキジラミ

野菜類
(なす、トマト、ミニトマト、しゅんぎくを除く)

アブラムシ類
コナジラミ類

300倍

150〜500ℓ/10a

ハダニ類
うどんこ病

300〜600倍

なす

アブラムシ類
コナジラミ類

300倍

チャノホコリダニ
ハダニ類
うどんこ病

300〜600倍

トマト
ミニトマト

アブラムシ類
コナジラミ類

300倍

トマトサビダニ
ハダニ類
うどんこ病

300〜600倍

しゅんぎく

アブラムシ類
コナジラミ類
ハクサイダニ

300倍

ハダニ類
うどんこ病

300〜600倍

チャノナガサビダニ
カンザワハダニ

摘採前日まで

げっきつ

ミカンキジラミ

600倍

200〜700ℓ/10a

花き類・観葉植物

ハダニ類
うどんこ病

150〜500ℓ/10a

ラベルをよく読み、ラベルの記載以外には使用しないで下さい。

注意事項

散布液調製後はできるだけ速やかに散布すること。

希釈倍数を遵守し、葉裏等に散布むらを生じないように丁寧に散布すること。

高温時には葉に薬害を生じることがあるので、施設では温度管理に十分注意すること。

トリアジン水和剤、スルフェン酸系水和剤、キャプタン水和剤およびストロビルリン系薬剤との同時施用及び近接散布は、薬害を生じる恐れがあるのでさけること。

害虫に対する防除では、多発生時に効果を高める為に、数日間隔で連続散布することが望ましい。

なす、ピーマン、はくさい、チンゲンサイ等に使用する場合、幼苗期には葉先枯れを生じることがあるので使用をさけること。

花き類・観葉植物に使用する場合は、品種、栽培条件等により花弁、苞、葉に薬害を生じる場合があるので、事前に安全を確認して使用すること。特に結蕾期以降の散布は注意すること。

かんきつに使用する場合は下記の注意事項を守ること。
①品種、使用時期等によっては果実に薬害を生じる恐れがあるので、事前に安全を確認して使用すること。また樹勢が弱っている場合には散布しないこと。
②ジチアノン剤との混用並びに近接散布は果実に薬害を生じるのでさけること。

適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用すること。なお病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。

拡展性に優れるため、展着剤を加用する必要はない(他剤との混用時も加用の必要はない)。また機能性展着剤の加用により、薬害を生じることがあるので加用しないよう注意すること。

葉面散布肥料との混用により薬害を生じる場合があるので混用はさけること。

安全使用上の注意

本剤は眼に対して刺激性があるので、眼に入らないよう注意すること。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けること。使用後は洗眼すること。

本剤は皮膚に対して弱い刺激性があるので、皮膚に付着しないよう注意すること。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落とすこと。

街路、公園等で使用する場合は、散布中及び散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払うこと。

魚毒性

この登録に係る使用方法では該当がない。

ご購入については、お近くのJAや農薬販売店などにお問い合わせください。