ホクサンの製品情報

MENU
検索
除草剤 農業用

バサグラン液剤(ナトリウム塩)

登録番号

16124

毒性

-

消防法

-

有効年限

7年

成分

ベンタゾン…40.0%

性状

赤色澄明水溶性液体

包装

500㎖×20 3ℓ×6

6

特長

雑草の発生程度、生育状況を見ながら散布できる茎葉処理型除草剤です。

畑地の広葉雑草(タデ類、ハコベ、シロザ、ナズナ、スカシタゴボウ、ノボロギク、スベリヒユ、ヤエムグラ等)にも効果があります。

適用と使用方法

2021年9月現在

作物名

適用雑草名

使用時期

使用量

本剤の使用回数

使用方法

ベンタゾンを含む農薬の総使用回数

薬量

希釈水量

移植水稲

一年生雑草
(イネ科を除く)
マツバイ
ホタルイ
ウリカワ
オモダカ
ミズガヤツリ
ヘラオモダカ
クログワイ
コウキヤガラ
エゾノサヤヌカグサ
シズイ
クサネム

移植後15~55日
但し収穫50日前まで

500~700㎖/10a

70~100ℓ/10a

2回以内

落水散布
又は
ごく浅く湛水して散布

2回以内

直播水稲

一年生雑草
(イネ科を除く)
マツバイ
ホタルイ
ウリカワ
オモダカ
ミズガヤツリ
ヘラオモダカ
クログワイ

は種後35~50日
但し収穫50日前まで

たまねぎ

一年生雑草
(イネ科を除く)

春播栽培の移植後6月上旬まで(雑草の3~4葉期)
但し収穫30日前まで

60~120㎖/10a

1回

雑草茎葉散布
又は全面散布

1回

秋播栽培の移植後生葉4葉期まで(雑草の3~4葉期)
但し収穫30日前まで

らっきょう

出芽後(雑草の3~6葉期)
但し収穫60日前まで

100~200㎖/10a

いんげんまめ

初生葉展開期~
本葉抽出始期(雑草の2~3葉期)

50~70㎖/10a

えんどうまめ

3~6葉期(雑草の3~6葉期)
但し収穫70日前まで

100~200㎖/10a

実えんどう
さやえんどう

3~6葉期(雑草の3~6葉期)
但し収穫40日前まで

とうもろこし
飼料用とうもろこし

生育期(雑草の3~6葉期)
但し収穫50日前まで

100~150㎖/10a

ソルガム

生育期(雑草の3~6葉期)
但し収穫30日前まで

麦類
(小麦を除く)

生育期(雑草の3~6葉期)
但し収穫90日前まで

100~200㎖/10a

小麦

生育期(雑草の3~6葉期)
但し収穫45日前まで

はとむぎ

150㎖/10a

2回以内

2回以内

べにばないんげん

生育期(雑草の生育初期~6葉期)
但し収穫45日前まで

100~200㎖/10a

1回

畦間雑草茎葉散布

1回

せり

親株養成期
植付45~60日後まで

200㎖/10a

100ℓ/10a

雑草茎葉散布
又は全面散布

ラベルをよく読み、ラベルの記載以外には使用しないで下さい。

注意事項

イネ科雑草には効果がないので、イネ科雑草の優占圃場での使用はひかえること。
また、イネ科雑草が混在する場合はこれらに有効な除草剤との体系で使用すること。

雑草茎葉にかかるように散布すること。

散布後、曇天、降雨日が長く続くと効果が劣ることがあるので、晴天時を見はからって散布するのが望ましい。

高温条件下では、薬害が生じやすいので異常高温下での散布はさけること。

重複散布は薬害のおそれがあるのでさけること。また、周辺作物にかからないように注意すること。

本剤の使用にあたっては使用量、使用時期、使用方法等を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。

いんげんまめ、せりに使用する場合、本剤は葉枯・褐変症状の薬害を生じやすく、蒸散の盛んな高温乾燥条件下では薬害により減収することがあるので、雑草害が予想される場合に限り使用すること。

たまねぎに使用する場合、直播栽培および苗床のたまねぎには、薬害を生じるおそれがあるので使用しないこと。

べにばないんげんに使用する場合、薬液が作物に飛散すると葉に褐変症状の薬害を生じるので、作物に飛散しないように注意すること。

せりに使用する場合には、落水状態にして水の出入りをとめ、まきむらのないように均一に散布すること。また、散布後7日間は降雨の有無にかかわらず落水しないこと。

水稲に使用する場合には一般的注意事項のほか下記についてとくに注意すること。
①本剤は水の移動に伴う移行性が大きく、一般に水深の浅いほど効果が安定する。
イ)使用にあたっては落水状態にして水の出入りをとめ、まきむらのないように均一に散布すること。
ロ)水を落とすことができないところでは漏水のない水田に限り、できるだけ浅水状態(雑草が水面上に出る状態)にしてまきむらのないように均一に散布すること。
ハ)散布後少なくとも3日間(浅水処理は5日間)はそのままの状態を保ち、入水、落水、かけ流しはしないこと。また、散布後7日間は降雨の有無にかかわらず落水しないこと。
ニ)処理後2日以内に降雨があると効果が不十分になるおそれがあるので、晴天の持続する時を選んで使用すること。
ホ)深水にすると効果が劣るので注意すること。
②イネ科雑草には効果が劣るので、田植前後の土壌処理除草剤で一年生雑草を防除した後、多年生水田雑草および一年生広葉雑草の防除を目的として使用すること。
③本剤は生育期に入った雑草に効果があるが、雑草、特に多年生雑草は生育段階によって効果にふれが出るので必ず適期に散布すること。
ホタルイ、ウリカワ、ミズガヤツリ、ヘラオモダカでは発生盛期から増殖中期、オモダカでは発生盛期から増殖初期まで、クログワイでは草丈15~30㎝、エゾノサヤヌカグサでは1~4葉期、シズイでは草丈10~30㎝、コウキヤガラでは増殖期、クサネムでは本葉展開期が本剤散布の適期である。
④クログワイ防除は、必要に応じて有効な前処理剤との組み合わせで使用すること。
⑤軟弱稲では薬害(接触害)のおそれがあるので使用はさけること。
⑥高温など薬害を生じやすい条件での使用は多めの希釈水量を用い、低濃度液をなるべく水稲にかからないように散布すること。
⑦砂質土および漏水のはげしい水田では使用しないこと。(減水深2㎝/日以上)

安全使用上の注意

誤飲などのないよう注意すること。

本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意すること。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けること。使用後は洗眼すること。

本剤は皮膚に対して弱い刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意すること。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落とすこと。

かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意すること。

魚毒性

この登録に係る使用方法では該当がない。

ご購入については、お近くのJAや農薬販売店などにお問い合わせください。