ホクサンの製品情報

MENU
検索
除草剤 農業用

ロロックス

登録番号

22897(300g・1kg包装)
22895(100g包装)

毒性

-

消防法

-

有効年限

4年

成分

リニュロン…50.0%

性状

類白色水和性粉末45µm以下

包装

100g×60 300g×40 1kg×20

5
SDS

特長

本剤は非ホルモン型の除草剤で、各種の雑草に有効です。

残効性が長く、土壌が乾燥していても比較的効果が出やすい性質をもっています。

発生初期の雑草にも効果を示します。

適用と使用方法

2021年9月現在

作物名

適用雑草名

使用時期

使用量

本剤の使用回数

使用方法

リニュロンを含む農薬の総使用回数

薬量

希釈水量

りんご
もも
かき

一年生雑草

雑草発生前~発生始期
但し、収穫30日前まで

300g/10a

70~150ℓ/10a

1回

全面土壌散布

1回

なし

雑草発生前~発生始期
但し、収穫90日前まで

麦類(秋播)

は種後~発芽前
(雑草発生前~発生始期)

100~200g/10a

だいず
えだまめ

は種直後~出芽前
(雑草発生前~発生始期)

2回以内
(全面土壌散布は1回以内、雑草茎葉兼土壌散布は1回以内)

本葉3葉期以降
但し、収穫30日前まで
(雑草生育期)

雑草茎葉兼土壌散布(畦間・株間処理)

いんげんまめ

は種直後

100~150g/10a

全面土壌散布

1回

べにばないんげん

は種後出芽前
(雑草発生前)

75~100g/10a

らっかせい
とうもろこし
飼料用とうもろこし

は種直後

100~200g/10a

ソルガム

は種直後
(雑草発生前)

にんじん

は種直後

2回以内
(は種直後は1回以内、にんじん3~5葉期は1回以内)

にんじん3~5葉期
但し、収穫30日前まで
(雑草発生始期)

100~150g/10a

かんしょ

苗移植前まで

150~200g/10a

2回以内
(全面土壌散布は1回以内、雑草茎葉兼土壌散布は1回以内)

一年生広葉雑草

生育期
但し、収穫45日前まで
(雑草発生揃期)

100~200g/10a

雑草茎葉兼土壌散布
(畦間処理)

ばれいしょ

一年生雑草

植付直後~萌芽前

全面土壌散布

1回

さといも
こんにゃく

植付直後

やまのいも

 

2回以内

2回以内
(粒剤は1回以内)

生育期
但し、収穫60日前まで
(雑草発生前~発生揃期)

畦間土壌散布

やまのいも
(むかご)

植付直後

全面土壌散布

2回以内

生育期
但し、収穫60日前まで
(雑草発生前~発生揃期)

畦間土壌散布

アスパラガス

萌芽前
(雑草発生前~発生始期)

150~200g/10a

1回

全面土壌散布

2回以内
(全面土壌散布は1回以内、雑草茎葉兼土壌散布は1回以内)

萌芽始期
但し、収穫前日まで
(雑草発生前~
発生始期)

100~150ℓ/10a

一年生広葉雑草

生育期
但し、収穫前日まで
(雑草生育期)

100ℓ/10a

雑草茎葉兼土壌散布
(畦間・株間処理)

にんにく

一年生雑草

植付前(マルチ前)
(雑草発生前)

100~150g/10a

70~150ℓ/10a

1回

全面土壌散布

1回

植付後~萌芽前
(雑草発生前)

ねぎ
(露地栽培)

定植後
但し、収穫30日前まで
(雑草発生前)

畦間土壌散布

一年生広葉雑草

定植30日後以降
中耕培土後
但し、収穫30日前まで
(雑草発生揃期)

75~150g/10a

100ℓ/10a

雑草茎葉散布
又は全面散布

あさつき

一年生雑草

植付直後~萌芽前
(雑草発生前~発生始期)

150g/10a

70~150ℓ/10a

全面土壌散布

にら

収穫30日前まで(雑草発生前)

100~150g/10a

らっきょう

種球植付後
(雑草発生前)

150g/10a

畦間土壌散布

3回以内
(種球植付後は1回以内、生育期は2回以内)

生育期
但し、収穫30日前まで

2回以内

全面土壌散布

セルリー

定植後
但し、定植7日後まで
(雑草発生前)

100~150g/10a

1回

畦間土壌散布

1回

とうき

中耕・培土後
但し、収穫120日前まで

100g/10a

2回以内

2回以内

たらのき

中耕・培土後
(雑草発生前)

食用ゆり
わさびだいこん

植付後萌芽前
(雑草発生前~発生始期)

100~150g/10a

1回

全面土壌散布

1回

みつば

は種後出芽前
(雑草発生前)

はっか

収穫120日前まで

100g/10a

おうぎ

は種後出芽前
(雑草発生前)

100~150g/10a

ごま

200g/10a

100ℓ/10a

4~10月

100~200g/10a

70~150ℓ/10a

えごま(種子)

本葉5葉期以降中耕後
但し、収穫90日前まで
(雑草発生前)

100g/10a

100ℓ/10a

畦間土壌散布

ラベルをよく読み、ラベルの記載以外には使用しないで下さい。

注意事項

本剤の所定量を10a当たり70~150ℓの水に加え、十分かきまぜてから均一に散布すること。

使用量に合わせ薬液を調製し、使いきること。

生育の進んだ雑草には効果が劣る場合があるので、時期を失しないように散布すること。

砂質で水はけのよい畑では薬量を控えめにすること。激しい降雨が予想されるときには使用をさけること。

覆土が薄いと薬害がでやすいので覆土はできるだけ細かく砕いて均一厚目に行なうこと。

マルチ栽培、トンネル栽培等での使用は薬害を生じるおそれがあるので、さけること(かんしょ、にんにくのマルチ栽培を除く)。

砂土では使用しないこと。

アスパラガスの畦間・株間処理に使用する場合、薬害を生じるおそれがあるので、擬葉にかからないように散布すること。

雑草茎葉兼土壌散布では、本剤の散布適期は雑草生育期であり、生育の進んだ雑草には効果が劣るので、時期を失しないように散布すること。

作物名 雑草の草丈
だいず、えだまめ 15cm以下
アスパラガス、かんしょ 10cm以下

高畦栽培のかんしょに使用する場合、無マルチ栽培の苗移植前処理では効果が低下することがあるので使用をさけること。

ねぎの雑草茎葉散布又は全面散布で使用する場合、展着剤との混用及び7日以内の近接散布は薬害を生じることがあるのでさけること。

にらに使用する場合、薬害を生じるおそれがあるので、本圃の定植後に使用すること。

セルリー、やまのいも及びかんしょに使用する場合、薬液がかかると薬害を生じるので、作物にかからないように畦間に散布すること。

にんじん及びセルリーに使用する場合、高温時は薬害を生じるおそれがあるので使用しないこと。

にんじんの生育期に使用する場合、品種により薬害を生じることがあるので、事前に使用品種における薬害の有無を確認すること。

とうもろこしに使用する場合、スーパースイート系では薬害を生じることがあるので使用をさけること。

たらのきに使用する場合、穂木にかからないように散布すること。

だいず及びえだまめの畦間・株間処理に使用する場合、専用ノズルを使用すること。また、噴口はできるだけ低くし、本葉にかからないように散布すること。

蚕に対して影響があるので、桑葉にはかからないようにすること。

使用後、容器や散布器具は必ず水で十分に洗うこと。

散布器具や容器の洗浄水は河川等に流さず、環境に影響を与えないよう適切に処理すること。

本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。

取扱及び保管上の注意、漏出時の措置、廃棄上の注意、輸送上の注意、火災時の措置については、「農薬の取扱いについて」ページを参照すること。

安全使用上の注意

本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意すること。眼に入った場合は直ちに水洗し、眼科医の手当を受けること。

本剤は皮膚に対して弱い刺激性があるので、皮膚に付着しないよう注意すること。
付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落すこと。

散布の際は、農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用すること。
作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをするとともに洗眼すること。

誤食などのないよう注意すること。誤って飲み込んだ場合には、吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせること。使用中に異常を感じた時は直ちに医師の手当を受けること。

魚毒性

水産動植物(藻類)に影響を及ぼす恐れがあるので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用すること。

使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきること。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないこと。また、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理すること。

ご購入については、お近くのJAや農薬販売店などにお問い合わせください。