事業内容

SERVICE

トップ > 事業内容

農薬

PESTICIDES

農薬事業は、創業以来のメインとなる事業です。北海道の厳しい気象条件や栽培環境に適した農薬を製造・販売してきました。北海道内に研究所を持つ唯一の農薬メーカーとして、長年積み重ねてきた病害虫雑草防除の研究実績を活かしながら、研究開発・製造・普及・販売・物流までを一貫して展開しています。北海道の農家のみなさまから頂いた貴重な声を活かしながら、北海道農業の未来に向けた新製品や技術の創出、また、安全で品質の高い製品の提供に努めています。

培土

ARTIFICIAL SOIL

水稲育苗用の良質な床土・覆土、野菜等園芸用培土の製造販売、数種液肥の取り扱いを行っています。
培土専門の工場では、日々状態の変化する原土や原料を、高品質で安定した製品とするため、24時間体制での生産を続けています。また、作物の生育だけでなく、生産者の高齢化への対応・省力化を目的に、新製品開発や育苗技術の向上にも取り組んでいます。

スマート農業

SMART AGRICULTURE

北海道では農業人口の減少・農家の集約化が進み、一戸あたりの経営規模が拡大してきたことで、これまで以上に農作業の省力化と効率化が求められています。当社では農薬散布用ドローンの普及やオペレーターの育成を推進するとともに、外部の企業とも連携しながら、ドローンによる雑草検知や病害虫の発生状況の確認等を行う、センシング技術の確立に取り組んでいます。今後も先端技術を活用したスマート農業の推進により、農作業の省力化・効率化の課題解決を行います。

種苗

SEEDLINGS

種苗部門では、いちごを中心とした品種開発・生産・販売までを一貫して展開しています。
当社を代表する夏秋どり品種のイチゴは「夏場に高品質な国産イチゴの供給をしてほしい」との製菓業界の要望に応えるべく、独自に研究開発した品種です。年々多くのご好評の声を頂き、生食はもちろん、日本や北海道を代表する菓子の材料としても皆様のお手元に届いております。
道内外でのさらなる普及を目指し、全国の生産者の皆様から寄せられたご意見を、新たな品種開発へ活かしていきます。

動物薬

VETERINARY MEDICINE

動物用医薬品分野では、犬の歯肉炎軽減剤『インターベリーα』の生産・販売を行っています。
『インターベリーα』は、当社と国立研究開発法人産業技術総合研究所等との共同開発により、遺伝子組換え技術を用いて、イヌインターフェロンαをいちごに産生することに成功し、商品化しました。遺伝子組換えいちごは、完全密閉型植物工場で栽培しています。このような医療用成分を産生する遺伝子組換え植物そのものを原薬とする医薬品の承認は、世界で初めてとなります(第9回 ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞 受賞)。今後も、コンパニオンアニマルの医療に貢献して参ります。